サポートジェルブランド参考作品
2017 年間デザインテーマ ハロウィン

サポートジェルブランド参考作品:acegel

プロセス

  • イメージ:プロセス1

    280Mを塗ります。

  • イメージ:プロセス2

    91Mでカボチャの土台を、336Mでカボチャの茎を描きます。

  • イメージ:プロセス3

    292Mで茎の影を、31Mと291Mでカボチャの影を、31Mでフレームラインの影を描きます。

  • イメージ:プロセス4

    トップを塗り硬化後、未硬化を拭き取ります。

  • イメージ:プロセス5

    1Mと280Mで目玉を、1Mで鼻と口を描きます。

  • イメージ:プロセス6

    463MとSS10とSS11を混ぜて目の中に色を付け、虹彩の模様を描きます。

  • イメージ:プロセス7

    目の真ん中に1Mで瞳を描き、トップ2で立体感を出します。

  • イメージ:プロセス8

    未硬化を拭き取った後、再度1Mで瞳を描き、完成です。

使ったアイテム

  • 1M
    1M

  • 31M
    31M

  • 91M
    91M

  • 280M
    280M

  • 291M
    291M

  • 292M
    292M

  • 336M
    336M

  • 463M
    463M

  • SS10
    SS10

  • SS11
    SS11

  • ノーワイプフォーチップトップジェル
    ノーワイプフォーチップトップジェル

  • カラーブラシ
    カラーブラシ

  • ミニオーバル
    ミニオーバル

  • チャビーアート
    チャビーアート

  • ミドルアンギュラー
    ミドルアンギュラー

  • アートブラシ
    アートブラシ

出井 由美先生

POINT

瞳を立体的にするためクリア感のある色を使う事と、黒の瞳をトップで立体的にした後に再度描く事によって、より立体感を出しました。

オススメ